保険加入してなかった

自動車保険に入っていれば。。。一年前のエンジン
一年前に入手したエンジン、そのときはクランクを回したときははっきりと手にピストンが圧縮上死点に向かう手ごたえを感じたのを覚えています。
ところが作業中に何気なくクランクシャフトを回すと、クルクルと軽く回ってしまいました。なぜ??
一般的にはバルブ系の破損、ピストンの穴あき、リングの破損などとても深刻な問題が考えられます。しかし、保管中に保管中にこのような物理的な破損が起きることはありえません。
さらに4つのシリンダーすべてに圧縮がない状態なので、すべてのシリンダーに共通する問題が発生したと考えられます。実は長期間にわたり保管していた中古エンジンの圧縮が低下しているケースは以外に多いのです。まず考えられる原因は、バルブシートに硬化したカーボンやゴミを噛みこんだ圧縮低下です。
簡易点検をするためには、ガソリンエンジンの場合はプラグ穴を利用して圧縮空気を入れます。

自動車保険おすすめ

カードローンのメリット

近年の日本社会では突発的な支出を強いられることも決して珍しくはなく、その支出によって生活費が足りなくなってしまうことも珍しいことではなくなっています。
生活費が足りなくなってしまうとまともな生活を送ることが難しくなってしまうため、直ちにお金を借りるなどして調達する必要があるわけです。
クレジットカードを持つメリットはたくさんあります。
使っている人は、クレジットカードなしの生活は考えられなくなるのではないでしょうか。

具体的なメリットは以下の通り。
1、現金を持ち歩かなくて済む
2、インターネットでの買い物が簡単
3、使用履歴が残る
4、ポイントや、現金還元がある
5、保険がかかる

では、ひとつづつ見てみましょう。

いかがでしたか?
分かりやすいメリットをお話してみましたが、クレジットカードを持ってもいいかもと考えていただけたのではないでしょうか。
ぜひ自分にぴったりのカードを見つけて申し込みをして見てくださいね。

カードローンお勧め

車検を安くする方法

重量税を安くする為、徹底して軽量化して車検を受けました。
その昔、ホンダS13に乗っていました。ドリフトをしていましたが、出入りしていたショップで改造をしてもらいながら車検を受ける事になりました。エンジンは基本ノーマルで社外インタークーラーを入れた程度、車検を受けるなら公認を取ろうと言う話になって徹底して軽量化しました。インパネは全てはがし、燃料ポンプに繋がる配線も必要なもの以外は徹底してはがしました。トランクも脱着式にして、オリジナルのステーで固定しました。その際、エンジンも純正部品で改造、R30のエアフロだったり、32のセラミックタービンを使ったりとパワーアップを図りつつ最大限軽量化を図りました。フロント・リアバンパーの中の発泡も外し、シートは運転席のみの1シート。製作期間約1ヶ月を要し、最終的に850㎏まで軽量化しました。オーディオなし、ドリンクホルダーなし。元々1500㎏以下区分の重量税だったので24600円かかるところを、軽量化の結果1000㎏以下区分になり16400円と、8200円削減する事ができました。
車検も陸運局へ自分で持込み、晴れて車検を通過し公認車検を受ける事ができました。たった8200円の効果しかないように思いますが、板金屋に車体を持込んで内部も塗装したり、社内板金も徹底してカットしたりと恐ろしく労力をかけたのでいろんなことを勉強できました。

車検安く